【NEXTGEAR i690SA2-SPレビュー】マウスのミドルゲーミングPC

マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「Gtune」。

Gtuneの中でも、ミドルクラスと称されるゲーミングPCが「NEXTGEAR」です。中でもおすすめのモデルがi690SA2-SPです。

今回はそんなNEXTGEAR i690SA2-SPのパソコンスペックレビューをしていきたいと思います。

NEXTGEAR i690SA2-SPのスペック

CPU Core i7-9700K
グラフィックボード GeForce RTX 2060 SUPER
メモリ 8GB
ストレージ 256GB (NVMe対応)/1TB HDD
重量 約12.3kg
価格 199,800円(税抜)

NEXTGEAR i690SA2-SPの公式HPはこちら 

外観・ケース


Gtuneのケース内部は、華やか。LEDファンで内部の見た目にもこだわっています。LEDファンは最大で5つまで増設できるので、冷却性能を最大まで高めることが出来ます。

ケースのサイドパネルは透明。なので内部の様子を外から確認することができます。

情報局

華やかなインテリアとしてもこだわりを感じますね。

こちらのケースは前面にはインターフェイス端子がありません。端子はすべて上部に設置。これにより、接続の切り替えをスムーズにしやすくしているんです。

パソコンの水冷システムは、ブレードサーバーで利用されていた「クイックコネクト」という水冷クーラーが採用されています。一つのラジエーターでCPUとグラフィックボードを冷却することができます。

NEXTGEARの排熱は超効率的!
通常パソコンはケース側面から空気を取り込みますが、NEXTGEARはケース底面から空気を取り込み、発熱量の大きいグラフィックボードから空気を通らせます。その後CPUに行き、ケース後ろ側から排出することで効率的に冷却することができるんです。

ケース底面にはダストフィルターが付いているのですが、こちらは簡単にマグネットで外すことができて、水洗い可能です。

情報局

簡単にメンテンスを行うことができますね。

CPU

CPUには、Core i7-9700Kが搭載されています。

CPU ベンチマークスコア
Core i9 9900KS 21270
Core i9 9900K 20220
Core i9 9900 18220
Core i7 9700K 15840
Core i7 9700 15220
Core i5 8500 12160
Core i5 9400 12050

Core i7 9700Kは、8コア8スレッドのCPU。旧CPUのCore i7-8700Kと比べて、コア数は増えていますが、スレッド数は8に減少しています。

また、Core i7-9700Kは、インテルCPUでは久々となる、熱伝導性の高いソルダリング(はんだ付け)仕様に変更されているので、熱伝導率が高くなっています。

グラフィックボード

NEXTGEAR i690SA2-SPのグラフィックボードには、「GeForce RTX 2060 SUPER」が搭載されています。

このGPUがどれほどすごいのか、ここで他GPUとの性能の違いをみていきましょう。下記ベンチマークスコアは、ベンチマークソフトの3DMARKを参照。

GPU ベンチマークスコア
GeForce RTX 2080 Ti 33560
GeForce RTX 2070 SUPER 25420
Geforce RTX 2060 SUPER 22640
GeForce RTX 2070 22430
Geforce RTX 2060 19730
GeForce GTX 1660 Ti 16340
GeForce GTX 1660 13740
GeForce GTX 1060 6GB 12930

Geforce RTX2060 SUPERの性能は、ベンチマークソフトによりますが、通常版である「Geforce RTX 2060」と比較した場合、約15%ほどベンチスコアが高いです。上位モデルである「GeForce RTX 2070」よりも若干高い性能を示しています。

性能面からも分かるとおり、「Geforce RTX2060」の上位版と言っても問題ありません。性能が高くなったことで、でTDP(電力量)も増えていますが、Geforce RTX2060よりもメモリ量も6GBから8GBに増え、定格周波数も増加し処理速度も増加していることが分かります。

情報局

簡単にGeforce RTX 2060の上位版と考えてください。

メモリ

メモリは、「16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) / デュアルチャネル ] 」が搭載されています。

カスタマイズにより、同じメモリ数でもより「メモリクロック(MHz) ・バスクロック(MHz) 、転送速度(GB/s) 」といった数値が高いメモリを選択することができます。

こちらのPCは、最大で64Bまで増設することができるモデルです。

ストレージ

ストレージには、256GB NVMe対応のSSD、1TBのSSDが搭載されています。

通常のSSDの約2倍ほど高速通信が可能。こちらのSSDにデータやソフトを入れておけば、データの保存だけでなくソフトの起動もスムーズ。使い勝手良いSSDとなっています。

情報局

通常、パソコン購入するとM.2 NVMe SSDはオプションでしか付きません。標準で付いている点は嬉しいですね。

インターフェイス

NEXTGEAR i690SA2-SPのケースは、上部と背面に接続端子があります。

情報局

通常パソコンのように、前面にはありません。上部に付けることで接続しやすい構造になっています。

ケース上部についているインターフェイスは以下の通り。

上部のインターフェイス

  • USB3.0×4
  • ヘッドホン
  • マイク入力(モノラル)

続いて、背面についているインターフェイスは以下の通り。

背面のインターフェイス

  • PS/2 Mini DIN 6ピン)
  • USB3.0×4
  • USB3.1(TypeA)×1
  • USB3.1(TypeC)×1
  • イーサネット
  • ラインイン
  • ラインアウト
  • マイク入力(モノラル)
  • S/PDIF

グラフィックボードには、「GeForce RTX 2060 SUPER」が搭載されています。GeForce RTX 2060 SUPERは以下の端子になります。

グラフィックボードのインターフェイス

  • DisplayPort×3
  • HDMI×1

サイズ・重量

本体ケースのサイズは、突起部含まないで「本体寸法 幅×奥行き×高さ=210×520.5×435 (mm)」となっています。

重量は、約12.3kg。平均的なミドルPCの重量なので、重すぎることはありません。ここから、カスタマイズ内容によっては増減するかたちとなります。

まとめ

今回は、マウスコンピューターのゲーミングPCブランド、NEXTGEAR i690SA2-SPをレビューしてきました。

第9世代のCore i9を、グラフィックボードにはGeforce RTX 2060 SUPERを搭載し、快適なゲームプレイが実現可能なモデルに仕上がっています。

標準でM.2 SSDが搭載されている点も魅力的です。上部に配置した接続端子も、ユーザビリティを配慮した設計になっているので使いやすい一台ですね。

NEXTGEAR i690SA2-SPの公式HPはこちら