CPUのIntel・AMDのロットナンバーの読み方を解説

今回はCPUの2大メーカーである「Intel」と「AMD」のCPUの読み方を解説します。

CPUに表記されている各名称を理解して、性能の善し悪しが分かるようになりましょう。

CPUに書かれている各項目の読み方|Intel編


CPUに書かれている各項目の読み方について解説していきます。今回題材にするのは以下のCPUです。

Intel Core i5-8300H
今回のCPUを例に、大きく以下の項目に分かれます。

  • 種類(ブランド名)
  • シリーズ名
  • 記号・世代
  • 製品カテゴリー

種類(ブランド名)

Core i5-8300H

ここにはブランド名が入ります。「Core」の部分ですね。

Intelの各ブランドは以下となります。

Core インテルの主力製品
Core M Coreシリーズの低価格製品
Pentium ノートパソコンの消費電力が低い製品
Celeron ノートパソコンの低価格製品
Atom タブレット用の製品
Xeon 超高性能で価格も高い。法人向けのPCに用いられることが多い。

Intelで有名なのがCoreシリーズです。IntelのCPUは、超高性能モデルのXeonか格安モデルの製品以外は、Core iシリーズ。

よって、ほとんど見かけるIntelのCPUはCore iシリーズなのではないでしょうか。

ちなみに、IntelのCPUには世代別にコードネームが付与されています。以下に一覧を記しておきます。

世代 コードネーム リリース開始日
第1世代 Nehalem 2008年
第2世代 Sandy Bridge 2011年1月
第3世代 Ivy Bridge 2012年4月
第4世代(1) Haswell 2013年6月
第4世代(2) Haswell Refresh 2014年5月
第5世代 Broadwell 2015年6月
第6世代 Skylake 2015年8月
第7世代 Kady Lake 2017年1月
第8世代 Coffee Lake 2017年11月
第9世代 Coffee Lake Refresh 2018年10月

シリーズ名

Corei5-8300H

i5は、シリーズ名です。Intel製品には以下のようなシリーズがあります。

i3 低価格で負荷のかからない作業をする方向け
i5 通常使用からパフォーマンス重視の方向け
i7 クリエイティブな作業向けシリーズ
Xeon サーバー・ワークステーション向けシリーズ

記号・世代

Core i5-8300H

→   8 3 0 0

記号・世代は「8300」こちらの数字が該当します。この数字は、大きく3つに分けられていて、上記を例に上げると「8」「3」「00」に分けられます。その意味は、以下の通りです。

  • 一番左の数字:世代番号(今回の場合:8)
  • その次の数字:シリーズ内の序列番号(今回に場合:3)
  • 残りの数字:改良版の数値(今回の場合:00)

上記の説明の通りですが、この数値を見ることでCPU同士の性能をざっくりと比較することが可能です。(ただし、同世代どう知りに限る)

まとめると、世代が新しく、同じシリーズ同士でも数字が高ければ高性能と判断することができます。

製品カテゴリー|H

Core i5-8300H

今回の例のように、CPUの中には、4桁の数字の後にアルファベットが付くものもあります。こちらのアルファベットは、特記したい役割や特別な機能を表すために付けられています。

そして、デスクトップとノートパソコンで異なる文字が与えられています。以下で確認しましょう。
デスクトップ

説明
表記なし 通常版
X 高性能モデル
K オーバークロック対応モデル
F iGPUが無効モデル
C 倍率ロックフリー・オバークロック可能
S 省電力モデル
T 超省電力モデル
P GPU非搭載モデル
R GIGABYTEの小型PC搭載モデル

ノートパソコン

説明
表記なし 通常版
B 高性能モデル
G AMD GPUをパッケージ上で統合した
H オーバークロック対応モデル
HK DELL・HPパソコンに搭載
HQ ハイパフォーマンス・グラフィックス・クアッドコア
MX モバイル・エクストリーム・エディション
MQ クアッドコア・モバイル
M モバイル向けノートパソコンの定番だった
U 超省電力CPU
Y 超超電力モデル
QM GPU非搭載モデル

CPUに書かれている各項目の読み方|AMD編


AMDのCPUでは、以下のCPUについて解説していきます。

Ryzen 7 2700X 
Intelと同様にこちらも以下の項目について解説します。

  • 種類(ブランド名)
  • 世代・セグメント・型番
  • 特殊型番

種類(ブランド名)

Ryzen 7 2700X

現在Ryzen Thesadrippe(ライゼンストリッパー)が最も性能が高くRyzen 3(ライゼン スリー)が低いとされています。

Ryzen Threadripper Intel Corei9 高パフォーマンスモデル
Ryzen 7 Intel Corei7 と同パフォーマンスモデル
Ryzen 5 Intel Core i5と同パフォーマモデル
Ryzen 3 Intel Core i3と同パフォーマンスモデル

世代・セグメント・型番

box class=”box3″]

Ryzen 7 1800X

[/box] 4ケタあるうちの、一番左にある数字はCPUの世代を表しています。第1世代であれば1、第3世代であれば3となります。

次にくる8の数字は以下のように数字毎にCPUの特徴が割り振られています。

  • 7、8、9・・・ハイエンド
  • 4、5、6・・・ハイパフォーマンス

今回の場合ですと、「8なので」ハイエンドということですね。

つぎにくる「00」は型番です。

特殊型番

box class=”box3″]

Ryzen 7 1800X

[/box]
なし スタンダード
X XRF+ハイパフォーマンス
G グラフィック搭載
T 省電力
S 省電力+グラフィック搭載
スポンサーリンク

まとめ

以上、CPUの性能とロットナンバーの読み方について解説してきました。

今回解説してきた情報を踏まえて、目的の仕事をこなせるCPUを選んでいきたいですね。